レーザー脱毛のあとの赤み対処法

subpage01

医療レーザー脱毛を受けたあとに、しばらく肌に赤みが残ることがあります。

レーザー脱毛をしたあとは、クリニックでしばらく、脱毛箇所をクールダウンさせます。大体、その時間で赤みは引いていきますが、もうしばらく赤みが継続する人もいます。



帰ることには、気にならなくなることがほとんどです。



医療レーザー脱毛をしたあとは、あまりわからないかもしれませんが、脱毛による熱がこもっている状態です。
そのため、赤みが目に見えて残る人もいます。

赤みがない肌であっても、熱は24時間はこもると言われています。


医療レーザー脱毛を受けたら、ほとんど多少の赤みが出ます。



あまり心配する必要はないです。

気になるかもしれませんが、赤みは長くても、1週間もすれば自然にひいていくものです。

しかし、何もしないよりは、ケアをしてあげた方がよいです。

赤みがあるときには、自宅でできるだけ冷やしてあげましょう。
保冷剤を冷蔵庫に入れておいて、赤みのある部分に当てて、クールダウンさせるのが手軽な方法です。

この他には、赤みのある脱毛をした部分は、できるだけ保湿を心がけましょう。

赤みもありますが、乾燥しやすい状態でもあります。


そのため化粧水で、たっぷりの水分を、肌に与えてあげましょう。
時間をおいて、数回化粧水を入れてもいいです。最後には、クリームを伸ばして、水分が皮膚から消えてしまうのを守りましょう。
肌への保湿は、脱毛効果を高めてくれるますから、メリットは大きいです。